1. ホーム > 
  2.  ★ピックアップ記事

安くて速すぎる?話題のレンタルサーバーConoHa Wingのぶっちゃけレビュー
触れられてないデメリットは?

2020/10/7 - ★ピックアップ記事, IT, レビュー

「日本最速のレンタルサーバー」「ConoHaに乗り換えただけで表示速度が倍になった」「wordpressを使うならこれ一択」などなどあちこちでものすごい高評価を耳にするのがレンタルサーバーのConoHaです。

最近ではサイトの表示速度がSEOに影響を与えるというのも常識のひとつになっていますが、wordpressでのサイト運営だと表示速度の問題が付きまといがち…
「wordpressが運用しやすくて表示速度が速いレンタルサーバー」
は多くのサイト運営者にとって強く求められているものではないかと思います。

そのようなレンタルサーバーを探そうとインターネットのレビューを漁ってみても、「広告収入目的のヨイショ記事」が多く判断が難しいのも事実です…

そんな中、私自身も新しいレンタルサーバーが必要になったため人柱的にConoHaを契約してみました!
忖度なしのぶっちゃけレビューをしたいと思います!

結論としては「めちゃくちゃ良いので私もおススメしたくて広告を貼っちゃった」というミイラ取りがミイラになっても悔いはないサービスでした。
ただ、デメリットと言える点もあるので興味がある方は最後までぜひお読みください。

ConoHa Wing公式サイトはこちら

誤解しないように注意すべきこと

ConoHaにはWingとVPSとWindows Serverという3つのサービスがありますが、今回ご紹介するのは一般的なレンタルサーバーであるConoHa Wingです。
VPSは用途に合わせて立ち上げる専用サーバー的に利用するもので、専用知識が必要なためサイト運営だけを目的とする個人の方が契約することはありません。
Windows ServerはリモートでWindowsを利用できるというサービスなのでこちらも今回のお話の対象外です。

どれにすればいいかわからないという混乱もあるようですが、ホームページ(wordpressを含む)を運営するのが主目的ならConoHa Wingで大丈夫です。

コスパは最高っぽく見える!

私が新しいレンタルサーバーを探していた理由の一つとして、今使っているH社のレンタルサーバーが旧世代に取り残されたままサービスが進化していないように思えて割高に感じるようになったためです。
このH社のレンタルサーバーも10年ほど前に盛り上がっていた当時はコスパが良いと感じるものだったのですが、ここがあぐらをかいてるうちに後進が頑張って来たので魅力が薄れてきた感じですね。

ConoHa WingとH社のサービスを私のニーズで選ぶとしたらで比較してみました。
私のニーズというのは

  • 最近は全部wordpressでサイトを作る
  • アクセス数が極端に多いサイトは運営していない
  • データ量が極端に多いサイトは運営していない
  • 表示速度が速いサーバーを探している

です。

H社では普通のプランを使うことになっていたのですが、ConoHa Wingは一番安いプランで十分ということがわかりました。
これらの要件に関する部分で大きな違いがある項目だけを表にしました。
次の比較表は「ConoHa Wingの一番安いプランとH社の普通のプラン」の比較となります。

ConoHa WingH社
料金720円(※)1600円
容量250GB300GB
データベース無制限100個
無料独自ドメイン1つなし
WEBフォントモリサワなし
簡単wordpress移行ありなし
自動バックアップ無料復旧時に1データにつき5000円
体感表示速度めっちゃ早いけっこう重い

※料金においてはキャンペーン適用価格で一年契約した場合の比較です。ConoHa Wingは2年契約以上でさらにお値引きが発生します。

ConoHa Wingに有利になる条件ばかり抜粋したように見えちゃうのですが、私のニーズにおいては正直圧勝レベルでした。
データベース数は100個も使うことがないのでどっちでもよくて、ConoHa Wingに関しては容量が足りなくなったらその時にプラン変更できるのでまずはこちらで問題なし。
そもそも、今のH社でも100GBも使ってないんですよね…

結果として料金が半分になって、使える機能が増えて、表示速度が倍になるといううますぎる話しになりました。

セキュリティーは大丈夫?

「セキュリティ重視」はどこも言っていますがこれは可視化が難しい項目ですね…
とある他社レンタルサーバーは「SSHで接続すると同じサーバーのユーザーのファイル名が丸見え」っていう冗談みたいなセキュリティのサーバーも存在しました。
ConoHa Wingに関しては今のところそのレベルのヘマはありません。(当たり前)
運用日数が増えてゆけば見えてくることもあるでしょうから、セキュリティに関しては気づきがあれば随時更新してゆきます。



特筆すべき5つのメリット

・国内最速!スピードが速い

H社のサーバーで運営していたwordpressのサイトをそのままConoHa Wingの「かんたん移行」で移行させて(これがめちゃくちゃ簡単)同じサイトの表示速度が変わるかどうか試してみました。
これが、体感速度で「めっちゃ速い!」と感じるものでした。

1回目2回目3回目平均
H社2.4s2.7s2.6s2.56s
ConoHa1.1s1.5s0.97s1.19s

平均値でおよそ2.15倍の速さです。

表示速度がSEOに影響を与えていると言われている昨今、wordpressの表示の重さが悩みの種となっていましたが、ConoHa Wingならこの辺のことで頭を抱えることがなくなりそうですね。

・WordPressの移行が簡単

ConoHa Wing以外でも最近のレンタルサーバーではちょくちょく見かける機能で「別サーバーで運用中のwordpressを必要な情報入力とワンクリックで新サーバーに丸ごともってくる」という機能です。
時々勘違いされてる方がおられますが、移行時にはwordpressのログイン情報などを入力するので、誰でも他人のサイトをコピーできるという機能ではないので念のため。

必要事項を入力してスタートさせれば5分程度で移行が完了します。
これはめちゃくちゃありがたい!
こんなに簡単ならH社で運営しているwordpressを全部こっちに持ってきてあっちの契約切っちゃっても大丈夫なやつですね!

一部、かんたん移行ができない制限などもありますが私の感覚では深いカスタマイズ(外部のDBと連携しているなど)をしていないwordpressならほぼだいたいかんたん移行ができそうだなと思いました。

オリジナルテーマとオリジナルプラグインを使っている私のサイトもなんの問題もなく移行できました。

・全てのバックアッププランを無料利用できる

サーバーの自動バックアップも当たり前になって来ていますが、月に数百円の利用料がかかったり、基本は無料だけど復旧依頼時に5000円~1万円くらいの利用料がかかったうえで数日待たなければならないというのが多いです。
ConoHa Wingはこれらの費用がプラン料金に含まれていて、復旧も管理パネルから自分の意志で行うことができます。
バックアップに関しては正解はないのでサイトの重要度に合わせて自分自身でも取得する工夫が必要ではありますが、最低ラインのバックアップが無料で行われるのはとても心強いですね!

・独自ドメインが一つついてくる

長期契約すれば独自ドメインがひとつ無料というのは多くのレンタルサーバーにあるサービスですが、ConoHa Wingには3か月以上の契約で契約中はドメインがずっと無料というサービスが用意されています。
昔は「レンタルサーバーと一緒にドメインを契約してるからドメインが動かせない(サーバーの変更ができない)」というお困りの声を頻繁に聞いたものですが、ConoHa Wingに関しては「レンタルサーバーを解約しても通常料金でドメインを使い続けることが可能」とのことです。
何らかの理由でやっぱ別のサーバーにするってなっても、これなら安心ですね!

↓現時点で公表されているドメインの通常料金です。(レンタルサーバー契約中は無料)

・スペックに対するコスパがかなり良い

ロリポップなども一見似たようなスペックなのですが、wordpressを安定的に運用しようとバックアップサービスなどいろいろ足していくと結果として月額料金が1000円は超えちゃいます。
同じような料金だとしても、表示スピードが国内最高というConoHa Wingのメリットはかなり大きいです。
あと、個人的に大手キャリア系レンタルサーバーは昔から「高かろう悪かろう」の代名詞だと思っているので自分は使いません。
お客さまによってはどうしても上長承認を通すために「通信系大手企業の関連会社じゃなければダメ」とおっしゃられる方もおられるのですが、まぁほんと「性能も悪くて、サポートの知識もなくて、とにかくネームバリューで高いだけ」みたいなのばっかりでした。
日本の仕組み上、どうしてもネームバリューが必要なシーンもあったりはしますが、少なくとも個人でこれらを使う必要はないです。(経験則による私見からの断言)

デメリットとなる場合もある点

キャッシュが強すぎる

ConoHa Wingの表示速度の速さの秘訣はいろいろなキャッシュ技術を駆使しているからというものだそうで心強い反面、サイトの修正中などは強すぎるキャッシュのせいで修正がページに反映されないこともあります。
感覚的に数分待てば反映されるようではありますが、スピード感が必要な時は一時的にキャッシュ機能をオフにするのもよいかもしれません。

キャッシュ機能をオフにしても体感で表示速度の遅さを感じるレベルではなかった(十分速い)のでこれでもいいって人はキャッシュ関係の機能をオフにしておいてもよいかもしれません。

まとめ

ConoHa Wingはデメリットらしいデメリットがないと言えるコスパを越えた超優秀なレンタルサーバーとしてお友達におススメできるレベルのものでした。

必要十分なスペックに手厚い機能が盛沢山なのはもちろんですが、表示速度が倍以上になるというのはとても気持ちよく、目に見えてうれしいポイントでした。(私が利用していたH社との比較)

特にSEOにこだわるwordpressサイトを運営する方にとっては最有力な選択肢になりそうです。
WEB業界のみなさまが賞賛するのもごもっともなレンタルサーバーなので、利用を検討している方はぜひこちらから!

期間限定キャンペーンや初月無料キャンペーンなどがあるので詳細はリンク先からご確認ください。↓