1. ホーム > 
  2.  ホビー

[レビュー]BB戦士 No.370 LEGEND BB 騎士ガンダム

2022/3/22 - ホビー, レビューガンダム , 旧ブログ移行記事 , プラモデル , おすすめ度★★★☆☆ , ガンプラ , BB戦士 , SD

この記事は過去に使用していた別のブログサービスから移行してきた物です。
内容が古く写真等も小さいですが昔のものの記録としてお楽しみください。

この商品まだ売ってるのかな?
Amazonで探してみる

今回は、BB戦士の最新シリーズであるレジェンドBBの騎士(ナイト)ガンダムをレビューします。
レジェンドBBとは、BB戦士25周年を記念して企画された新シリーズです。
武者ガンダムシリーズ、騎士ガンダムシリーズ、Gアームズシリーズなどの、従来からのSDガンダム作品の一部設定の見直し、BB戦士独自のアレンジを施した作品シリーズとなる予定とのこと。
今後、武者ガンダム、コマンドガンダムのリリースは確定しているようで昔馴染みの機体が新解釈で現代に再登場するのは楽しみなところです。

それでは、第一弾のナイトガンダムを見てゆきましょう!

IMG_0715.jpg

前回紹介したガンダムAGE-1とおなじく、目に大きな瞳が入っているデザインでこれらは全てシールでの再現です。
このキットは目だけシールを貼っていますがそれだけでもこの色分け!
バイザーやシールドのスリットがすこし大きい気がしますが、過去の二頭身デザインを意識しすぎなければ全体的にバランスが取れたフォルムだと思います。

IMG_0718.jpg

股間のアーマーはシルバーのパーツに青いパーツをはめ込むのですが、そのあとリベットのようなパーツが浮いて見えるという精密感!
鎧や体や武器のシルバーパーツは若干パールっぽいもので、頭のバイザーのみメッキ加工されています。

IMG_0716.jpg

マントは首の付け根あたりで可動する基盤となる1枚パーツの両端にボールジョイントで別パーツをつけています。
仕様だけ聞くとものすごく自由度の高いキットのように思われますが、実はそんなに効果的ではない・・・

IMG_0717.jpg

アクション面もかなり完成していて肩と腰が引き出せる仕様は上半身のアクションに効果的で素晴らしい反面、このキット足首がほとんど動かないのです・・・
アンクルガードに干渉しまくって意味のある方向に動きません。
足首のボールジョイントを少し引き出せばそれなりには動くけど接地も微妙な感じ・・・
あと、そんなに激しく動かしていないのに足首を接続するパーツの根元が白化していました。
あまり乱暴に動かすとこのあたりからポッキリいっちゃうのかも・・・

IMG_0719.jpg

バイザーは下げることができます。
表情のついた左手パーツがあるのでポージングの自由度も高いです。

IMG_0721.jpg

ケンタウロスモードも再現できますが、これはけっこうアレンジが入っていてナイトガンダム自体の両足も馬型のものに変わります。
変形時にはナイトガンダムの足首をぬいて、残ったボールジョイントに馬の足パーツをつけるのですが、足首をぬく時点でボールジョイントが足首側のパーツにもって行かれて、もって行かれたボールジョイントをはずすことが非常に困難です。
全体的に足首に難がある印象です。

IMG_0722.jpg

ケンタウロスモードはバックパック差し替えです。
マントの下に設置させることができるのですが、ちょっとごちゃごちゃしていて大変・・・
初代BB戦士のナイトガンダムのようにお手軽変形ならいいのですが、足首ボールジョイントの問題もあり一度変形させたら二度と変形させる気にならないかも・・・

IMG_0723.jpg

収納モードも再現できますが、これもけっこうな組み換えが必要です。
騎士ガンダムはリアル等身が先にあったわけでもなく、SDガンダムでありBB戦士であるのでもう少しおもちゃっぽい遊びやすさに倒してくれた方が楽しかったかも?
このアレンジはギミック優先でも遊びやすさ優先でもないように感じる一方、フォルムもうーんって感じなので中途半端なものに感じてしまいます。

IMG_0724.jpg

アーマーを外して軽装モードが再現できます。
足回りは変化ありませんが、腰から上はいろいろなパーツをはずすことが出来ます。
鎧を装備している状態だとひじ関節の効果が見えにくかったのですが軽装モードはそれなりに変化をつけることができます。

IMG_0725.jpg

忍者のように良く動くけど、左手の甲にある大きな肉抜きが残念だ・・・

IMG_0726.jpg

最後に、目のパーツは両面ひっくり返して4種類の瞳シールのうち2種類を選択して貼ることができます。
(写真は反対側、まだシールを貼っていない面を前にしてみました。)
瞳なしシールはないのが残念。
さらに今回も塗装派泣かせな仕様で瞳や目のモールドが入っていない・・・
基本的にはシール大前提という仕様です。

バンダイならバリバリの技術力で25年の進化を見せてくれるかと思っていたのですが、色分け以外はいろいろとモヤモヤする仕様です。
あと、最近のBB戦士共通の問題でしょうがボールジョイントに使う球体ポリキャップのうち、ふたつがいつもゆるいんですよね・・・
保持力が皆無レベルです。
AGE-1もクシャトリヤもゆるいポリキャップがふたつあったのでこれは金型のミスかな?
軽く作るならとても楽しめるけど、歴史に名を残そとしているかのような”レジェンド”の名に期待しすぎるとモヤモヤするキットだと思います。

ほかの記事も読んでみてね!