1. ホーム > 
  2.  IT

M1のmacbookの初期不良を引いて返品したお話

2020/11/30 - IT

購入直後にいろいろとレビューさせていただいたM1チップ搭載のmacbook proですが、不具合に不具合が重なって返品することになりました。

レビューひとつめ

レビューふたつめ

この投稿では単純に個人の独り言として返品までの経緯を吐き出させていただきます…

※不具合に関する具体的な解決策などは書いていません(わかりません)ので、解決策をお探しの方は他のサイトをご覧いただくのが良いかと思います。

【不具合1】本体が水平に置けない不具合

・現象

ふたつめのレビューにもちらっと書いていた現象です。

ゴム足の高さが違うのか本体底面が曲がっているのか、机に置いて使っているとmacbook proがかなりガタガタと動いちゃうんですね…
右手前がちょっと浮いているのか、使っているとシーソーのようにカタカタ小さく揺れちゃうんです。

三流メーカーの格安PCなら無視してもいい問題なのかもしれませんが、Apple製品だし安い買い物ではないし、何よりも一度気になり始めるとこのカタカタが無限に気になっちゃうのです…
裏面のゴム足の高さが違うだけなら高いところが削れて摩耗すればいずれ落ち着くのかもしれませんが、今までのApple製品は本体がちょっと曲がってるみたいな不具合もちらほらありますので、もしも本体が曲がっていてそれが長年の利用でどんどん悪影響を及ぼすなどがあったら嫌だなと思ってアップルのサポートセンターに相談しました。

ちなみに、こういうカタカタ問題は平と思ってる置き場所がそもそも平じゃないって可能性があるのでその可能性を潰すために

・同じ場所に古いほうのmacbook proを置いてみて現象が出ないことを確認
・問題のMacBook proを他に平と思われる部分に置いてみてどこでも現象が出ることを確認
・自分が気にしすぎかもしれないので他のベテランmacユーザーに現物を見てもらって確認(これは嫌だわって結論)
・平であると思われる12.9インチiPadの画面の上に置いてみて確認(古いmacbookでは現象が出なくて、新しいmacbook proではカタカタ動くことを確認)

などして、今回買った個体の問題であることを立証できるようにしておきました。

・Appleサポートさんの見解

結論として「現物を見ないと判断できない」とのことで、店舗への持ち込みを提案されました。

まぁそれはそうですよね。
ただ、店舗へ持ち込んだにせよこれが許容範囲内の個体差となると納得ができないレベルのカタカタだというのは変わらず、対応が必要であればお預かりでの修理になる可能性が高いとのことでした。
ゴム足の問題なら数日のお預かりで、本体の曲がりなどがあるようでしたら数週間のお預かりになるとのこと。

ここで葛藤が生まれます。

なぜ定価で発売日に新商品を購入したかといえば早く使いたいからです。

早く使う必要がなければ整備済み商品が出るのをまったり、何か販売店のキャンペーンで値引きやポイント還元が太くなるのをまったり、なんならもう少し様子を見てリーズナブルなタイミングで次のモデルを買うというのも選択肢かもしれません。

それが修理対応となりお預かりになるのはどうなのかなと思い、交渉してみましたがやはり店舗で確認してのお預かりというパターンだそうです。(機種交換などは難しい)
それに加えて持ち込み対象店舗が私の住んでいる場所からやや遠方で、通常なら返送でのお預かりもできるけど今回のケースは微妙ということで返送での対応が難しいとのこと。
気にせずこのまま使うかなーっていう諦めの気持ちも出てきました。

誤解なきようにお伝えしますが、Appleのサポートは親身になって丁寧に対応してくださいました。(後日、その後どうですかとフォロー電話をくださるレベル)
おそらくですがガタガタ問題のように主観が入っちゃうものは店頭でチェックしてからの対応というルールになってるんでしょうね…

・そうだ!販売店に聞いてみたらいいのか!

今回のmacはポイント還元と納品日を考慮したら最高に手厚かったAmazonさんで購入したものでした。
基本的に値引きのないappleの新製品で5%オフは魅力的ですし、在庫があったので即日発送可能というのも素晴らしかったためです。

通常の商品であればメーカー対応だけでなく販売店として対応してもらえる可能性があるので、appleさんに相談した上でという前置きでAmazonさんに相談することにしました。

不具合の状況と「すぐに使いたいから新商品を買ったのに修理のためのお預けで使えないというのは不条理に感じるのでなにかいい方法はないですか」という正直な気持ちをお伝えしました。

こう言われてもAmazonさんも困るかもしれないので、ダメならダメでそのまま使おうという気持ちではありました。

しかし、さすがAmazonさんです。

不良品としての機種交換はできない商品だそうですが、返品という形であれば受けていただけるということになりました。

返金して今在庫があるものを買い直すというのが機種交換に近くて一番いい方法だと感じたのでそうさせていただくようにしました。

初期不良のような理由なので開封済みであってもOK、ただしパソコンを購入時の状態に戻してのお返しとなりますのでこれから初期化をしなければならないのですが、ここでもっと大きなトラブルが起きるのです…

【不具合2】OSの再インストールができない不具合

初期化の作業をしていた時には知らなかったのですが、Big SurでOSの再インストールができないという不具合が多発していたんですね…
私も見事にその不具合にぶち当たってしまいました…

ただ、多くの方が直面している不具合は


「アップデートの準備中にエラーが発生しました。

というエラーメッセージだそうですが、私が直面したのは

「認証するユーザがいません」

というエラーメッセージでした。

チャットサポートのかたと1時間近くいろいろ試したのですが、この「認証するユーザがいません」というエラーでインストールが中断されるという現象が回避できません。

チャットサポートの方の手に余る状況ということで、続いてお電話でスペシャリストさんに対応していただくことになりました。

こちらも指示に従ってパーティションを切り直したり、削除したり、First Aidをやってみたりと30分くらいあれこれ試しましたが状況が改善しませんでした。

結果として「お預かりして工場で確認」というカタカタ問題がmac文鎮化(わりと高級文鎮)というより重大な不具合を呼び起こす結果に…
いや、まぁ将来OSを再インストールするときにこの問題が出てたかもと思うと早期発見で良かったのかもしれませんけどね!

これを工場送りにするのはアレなので、スペシャリストの方に経緯をお話ししました。
私の目的は再インストールではなく販売店への返品が目的であることと、再インストールできてなくても返品が可能であれば現状のまま返品したいという希望を合わせてお伝えしました。
しかし、販売店のルールなのでAppleさんには分かりませんよね。

スペシャリストの方から
「おそらく初期化は個人情報の削除が目的であり、個人情報の削除という意味では今までの処理で完了している。Amazonさんに経緯をお話ししてこのまま返品できないか相談してみてください」
というアドバイスをいただきましたのでここでサポートを終了することにしました。

・Appleさんにいろんなデータを送ることに

今回の現象はAppleさんでも情報がないとのことで「可能であれば」という前提のもと、返品までに時間があればいろいろ試してエラーメッセージなどを撮影して送ってもらいたいというご要望がありました。
承諾するとこちらがお伝えしたメールアドレスに情報提供用のAppleさんのメールアドレスと、画像ファイル等をお送ることができるファイル送信フォームのURLなどが送信されてきました。

返品までの時間にいろいろ試して、エラーの詳細画面を撮影してお送りさせていただきました。

しかし、macbookのグレア液晶の写り込みは手強いですね…
インストールのエラー画面がスクショできないのでiPhoneでパシャパシャ写真を撮っていたのですが、液晶の写り込みが激しすぎて常に自分が写っててエラー画面が読みにくいんですよね…
最終的に画面の明るさを上げて部屋を暗くしたのですが画面を明るくすると文字がボケてしまうので匙加減に苦労しました…

・Amazonさんはそのままの返品でOK

再びAmazonさんのサポートに問い合わせたところ、「Appleさんがそう仰るんならそのままの返品でOK」ということでした。

Amazonの返品は注文番号と不具合の症状を書いて着払いでお送りする形になります。
今回は、Appleさんに言われたことも書き添えて欲しいということだったのでそちらも追記して返品しました。

今回の件でAmazonさんの凄さを再認識したのですが、返品を嫌がる様子が全然なかったんですね。
他の販売店などは購入画面に「商品で問題があればAppleと直接やりとりしてください」と書かれているところが多かったのですが、Amazonさんは何の躊躇もなくスムーズに返金対応してくださいました。

・Amazonさんに返金してもらったけど…

今回は現象を確認してからの返金になるので最大2週間くらいかかるかもと言われていましたが1週間くらいで返金手続きが完了しました。
お金で支払った分はクレカ経由または銀行振り込みで、もともと持っていたギフトカードで一部支払った部分においてはギフトカードの返還で対応されるようです。

ただ、返金額がこちらの支払いよりも500円少ないんです…
返金明細を見ることができたので確認すると、「返品送料」として500円が差し引かれていました。
着払い返金したものの送料を求められている感じのようです。

手厚く対応してくださったので細かいことは言いたくないのですが今後のために返品送料がどういうときに発生するのか聞いておきたく、またまたAmazonサポートさんへ連絡することになりました。

「初期不良だったのでこちらに落ち度はないと思うのですが、この返品送料というのはどういう扱いなのでしょうか」

サポートの方がすぐに確認しますとおっしゃられ、結果として「ギフト券で500円返金するのであればすぐに対応できますがそれでいいでしょうか?」ということでした。

これが、正しい手続きだったのか返品送料の請求自体がミスだったのかは聞き忘れたのですが、とりあえず金額の辻褄が合うので500円分のギフトで良いですという形で終了しました。

返品送料の取り扱いについてはうやむやではありますが、明細を確認してみないとこういうことがあるんだなという勉強にはなりました。

以上、ただの日記のような取り止めのないお話になっていますが要約すると「M1のmacbookを買ったはずなのにまだ手元にないまま」というものです。

完全に新しい商品なので多少の不具合はあるだろうとは思っていましたが、最終的に文鎮化しちゃうとは想定の範囲を超えていました…
新しいmacを手配しているので、次はちゃんと動くと良いな!(フラグかな…)

↓入門機として一番人気のM1 macbook airの256GBモデルはAmazonでの在庫が割と頻繁に増えていて、早めに発送されるものもあります。
早く欲しいなとお考えの方はこまめにチェックしてみてください。

↓私の一番おすすめであるM1 macbook airの512GBモデルも時々在庫が復活してますが基本的に12月中旬ごろの発送ですね。
こちらもこまめにチェックすれば在庫が引けるかもです!

ほかの記事も読んでみてね!