1. ホーム > 
  2.  音楽 >
  3.  アーティスト

ゾンビランドサガのフランシュシュが最高すぎるってお話

2021/6/2 - アーティスト, アニメ・漫画, 音楽

これ、汚いラブライブじゃん。(最高)

ゾンビになった女の子たちがアイドルになって佐賀県を救うっていう設定だけで心がみなぎるアニメゾンビランドサガいいですよね〜
2018年に放送された1期に続いて2021年4月から放送されている2期もボルテージマックスで毎回神回かってほど素晴らしいですよね。
佐賀県のこと全然知らないけどどんどん佐賀県に興味がわいてきて行きたくなっちゃいますもん。

最初は、宮野真守さんが楽しそうにはっちゃけてるのを見守って楽しむアニメかと思ってたんですが、ドタバタ中心ながらもストーリーがしっかりしていて、音楽を通じて何かのために熱く燃えながら一丸となって進んでいくのは汚いラブライブ(ゾンビだから、貶してるんじゃなくて最高に褒めてる)って感じですね。

フランシュシュ…良すぎません??

いやしかしアニメ本編が面白いのはもちろんこのゾンビランドサガは楽曲も素晴らしくて、その素晴らしい楽曲を歌う劇中アイドルのフランシュシュが「どうせ声優さんがきゃいきゃい歌ってるんでしょ?」っていう先入観を一蹴しちゃうくらいの実力派揃いなんです。

第1期のオープニング曲である徒花ネクロマンシーを聴いただけでその素晴らしさがわかりますよね。

これ、出会った時からハマりすぎて無限に聴き続けてました。
これだけみた人は「ゾンビランドサガって戦隊ものアニメ?」って思うかもしれませんがOP映像と本編はあまりかんけいないです。

声優さんの人選も楽曲のクオリティもめちゃくちゃ力入ってますよねって感じてたので、そりゃもやっちゃいますよね。
中の人(声優さん)のライブイベントを。

フランシュシュはルックスや知名度でメンバーを集めたんじゃなくて、製作側が欲しいポジションや声質を明確に持っていて、それを元に純粋に歌唱力と個性で集めたんだろうなって感じます。

源さくら役の本渡楓さんはちょうどいいアニメ声だけど伸びやかで安定した歌唱力、二階堂サキ役の田野アサミさんさんはラブライブ!でもお馴染みですが少し大人びた感じでより安定感のある歌唱力、水野愛役の種田梨沙さんは全部ちょうどよくてこの方がいるからメンバーの個性と個性をつなげている感じがして、星川リリィ役の田中美海さんはいわゆるロリ声でいい意味でかなり声優らしい歌声です。
こういうアニメっぽさの中に紺野純子役の河瀬茉希さんの力強く野太いとも言える歌唱力がかなりのインパクトを与えてくれて、ゆうぎり役の衣川里佳さんは「この人何者だ?」ってくらい色っぽく大人っぽくお化けのような素晴らしい歌唱力を持っています。

声優らしい歌声の中に声優らしくない圧倒的な歌唱力が混ざることで双方の魅力を引き立てあってるのを実感できるグループなんです。
そもそも一昔前の声優と比べて今の声優さんって相当歌が上手いですよね…
「声優らしい歌声」の基準が10年前とは大きく変わってる気がします。

山田たえ役の三石琴乃さんはライブ不参加ですけどもしも三石琴乃さんがライブに合流してくれたら色んな意味で面白いことになりそうですよね…

あれ?マクロスΔのワルキューレかな?

徒花ネクロマンシーを初めて聴いた時「あれ?マクロスΔのワルキューレかな?」って思いましたが調べてみると一部正解でしたね。
1期のOP徒花ネクロマンシーも2期のOP大河よ共に泣いてくれもマクロスΔで一度だけの恋なら」「僕らの戦場」などを作曲した加藤裕介さん作曲のものだったんですね。

フランシュシュワルキューレで私が感じている共通点は「声に個性がある人が集まっているグループで、声に合わせた効果的な歌い分けがすごい」ってことなんですけど、これを意図的にやっているのであれば製作陣は歌い手の魅力を引き出す天才だと思います。

個人的に力強い女性ボーカルってあまり刺さらないんですけどフランシュシュワルキューレみたいな感じでチームの中での圧倒的なアクセントというポジションではこういう声が好きすぎてないと物足りないと感じるようになりました。

素晴らしすぎるのでライブBDも買いました

フランシュシュゾンビランドサガという作品も大好きなのに、作品に対してお金を落としていないなと気づいたので先月末買いました。

2021年5月28日発売のフランシュシュのライブBD「LIVE OF THE DEAD “R”」を。

コロナ禍で中止になってしまったライブのリベンジ公演の様子を収録したブルーレイです。
古くからのファンにとっては涙を流しながら拝み倒すようなありがたいライブのBDなんでしょけど、フランシュシュのライブ初体験の私はそういうありがたみを感じずよく言えば余計なフィルターなしで視聴しました。

いやこれ、まじですばらしいです。

一曲目の佐賀事変でゆうぎり役の衣川里佳さんが魅せる「訳のわかんないくらい素晴らしい歌唱力」が圧倒的で息をするのも忘れて魅入るレベルでした。
声に色っぽさや艶っぽさを乗せたまま音の上下が難しそうな曲を見事としか言いようがないレベルで歌ってるんです。
早見沙織さんとかもそうなんですけど今の声優さんって「なんでこんなバケモンみたいな素晴らしい歌唱力を持ってるのに声優なの?歌だけで世界と戦えるんじゃないの?」って人がちらほら居られるんですけど、衣川里佳さんも完全にそういうタイプのおかたですね。
衣川里佳さんの歌をもっともっともっと聴いてみたいって思っちゃいました。

フランシュシュのみんなの曲も前述のとおりほんと素晴らしくて、歌い分けとそれぞれの声の個性がほんと素晴らしいなってずっと聴き入っていました。
みんなの個性が強すぎて、このメンバーの中ではすべてがちょうどいい種田梨沙さんから逆に目が離せなくなるっていう現象に陥っちゃうレベルです。
これ、種田梨沙さんを「普通」って言ってるみたいに読めたら誤解でして、種田梨沙さんもめちゃくちゃいいんですよ。
でも声が可愛くてちょっとか弱さすらある感じが他の個性の中ではすごく映えてて種田梨沙さんパートが来ると癒しに近い感覚になっちゃうんですよ。
それに気づくと種田梨沙さんの歌声を求める体になってしまうのです…

次のライブにも期待してます!

今回のライブは欲を言えばもうちょっといろんな曲をやって欲しかったなーとか、2期のOP大河よ共に泣いてくれも聴きたかったなーとか色々あります。
フランシュシュの曲の中にも正直箸休めみたいな曲もあって、途中で徳井青空さんを中心とした現アイアンフリルのライブパートでは「いや、徳井青空さん好きだけど今じゃない、フランシュシュを聴かせてくれ…」とかなっちゃうんですけどこういう「もう少しだけフランシュシュが欲しかった」みたいな不完全燃焼が次のライブで発散されるといいなと思っています。
(フランシュシュヘビロテしてフランシュシュ欲が落ち着いた後では現アイアンフリルパートもしっかり楽しめるようになたんですけどね!)

次のライブの頃にはコロナが終息していて現地に行けるようになっていたらいいな…

ゾンビランドサガとフランシュシュをよろしくお願いします!

最初は「楽しそうな宮野真守さんを見守るドタバタ佐賀県観光PRアニメ」だと思ってたのに「汚いラブライブ(念の為、褒め言葉です)」から「フランシュシュ最高!」って感じで今では私の中ではアニメの枠を超えた音楽作品として楽しんでいます。

声優を軸にした音楽コンテンツが多くてチームとしてのフランシュシュは認知度抜群とまでは言えないのですが、こういう音楽が好きな人がハマれる要素はすごくあると思います。

食わず嫌いの人には是非とも試して欲しいフランシュシュについてでした!
言いたいことを言いまくっただけでとっ散らかったボキャ貧日記になりましたがこれでフランシュシュに興味を持ってくれる人がいたら嬉しいなと思います!

ほかの記事も読んでみてね!