1. ホーム > 
  2.  ホビー

[レビュー]MOBILITY JOINT GUNDAM VOL.2 〜サザビー編〜(モビリティジョイントガンダム)

2022/8/30 - ホビー, レビューガンダム , おすすめ度★★★★☆ , モビリティジョイント

Vol.2の他の機体のレビュー

νガンダムとHWSとEXパーツ
サザビーとEXパーツ
ギラ・ドーガとEXパーツ

2.サザビー

大きく表現すべき部分は大きく表現されていてやや細身ながらもサザビーらしい素敵なプロポーションにまとまっていると思います。
全体のシャープさからみるとアンテナが少しだるい気がしますが、ガシガシ遊ぶおもちゃとしてはこれくらいが落とし所なのかも?
第一弾のジョニーライデン専用ザクのようなキャンディ感溢れるおもちゃっぽいプラだったら嫌だなと思っていたのですがこちらは深みのある赤色であり、渋めの成形色であったνガンダムと並べても違和感のないバランスでした。

見た目はかなりかっこいいのですがフレームはけっこうふにゃふにゃでポーズのキープが難しい部分があります。
また、形状的に肩と頭がかなり干渉するので手に持って触っていると肩の接続の緩さも手伝って、肩アーマーが尋常じゃないくらいポロポロと外れてしまいます。

これは固定モデルと割り切った方がストレスがないかも。

シールでの色分け部分もありますがモノアイやカメラに色がつけばサザビーはあまり色の足りなさが気になりません。
赤けりゃそれで良いってレベルです。(暴論)

眼光の鋭さと無表情に見えるマスクがいい感じに再現されています。
サザビーって形状が複雑な機体なのでどこから見てもかっこよく仕上げるのは難しいと思いますが、これはどこから見てもかっこいいです。

モノアイの可動ギミックがありますが、小さめの頭部で外しにくいマスクを外してからの可動となります。
馴染んで接続が緩く慣れば遊びやすくなるかもしれませんが、この外しにくさだとわざわざモノアイは動かさないかも。

ファンネルコンテナにも力が入っていて、ここの色分けや質感はバッチリです。
ただ、ファンネル自体を個別に取り外せるなどのギミックはありません。(微改造で対応できそう)

肩から出ている3連スラスターはボールジョイント接続になっていて付け根で動かすことができます。
横からみると胴体の尖り具合も表現されていてなかなか良い感じです。
前回のジオングと同じレベルのクオリティでこれなら金額に対する満足感が高いです。
何度も言いますが、EXパーツにまで手を出すと途端に超割高商品に感じるだけなんです。

シールドがなくても十分にかっこいいのですがシールドがないとちょっとボス感が減っちゃいますね。

サイドアーマーは大きめに作られているリアアーマーに軸で接続させます。
サザビーはνガンダムよりも干渉する部分が多そうで動かしにくそうな形状なのに、下半身に関してはかなり広範囲にスムーズに動いてくれます。
ただ、先述の通り動かしているうちに肩がポロポロ落ちやすいのと、フレーム自体がふにゃふにゃしているのでストレスなく遊べるという感じではないです。

脚は専用フレームで膝の黒い部分はフレームが露出しての色分けとなっています。
ここのパーツ分割がかなりこだわられていて、前面のパネルと左右の3パーツ構成にすることで正面からはつなぎ目が見えない美しい仕上がりとなっています。

νガンダムと担当者が違うのかなってレベルで気が利いているハイクオリティな仕上がりです。

フレームはこんな感じ。

νガンダムにせよサザビーにせよ何か既視感があるなと思ったらフレームオペレーションの上位互換のような雰囲気なんですね。

フレームオペレーションが400円だったことを考えるとモビリティジョイントってけっこう頑張ってくれている説が出てきた…

ここからは「6.サザビー&νガンダム用EXパーツ」からサザビー用のEXパーツをお借りしてのご紹介です。

大事なシールドが入ってるんだから買うしかないじゃん…
前回お伝えした通り、シールドのエンブレムはシールでの色分けとなります。
シールドの接続パーツは腕の横にも肘にもボールジョイントが出るタイプなので好みの向きで接続できます。

そのほか、ビームサーベルとビームトマホークとロングライフルが付属します。
これ系に対していつも「ビーム刃は色付きクリアパーツにしてくれたら良いのに」と思うのですがだいたい塗装になっちゃってますよね。
クリアパーツって塗装よりもコストが高いのかな?

シールドは十分な大きさで作られているのでしょぼさがない一方で、腕側に装備すると肩のスラスターにガッツリ干渉しちゃいます。
シールドを肘側につけるのも回避策ではありますが…

ボールジョイント接続されている肩のスラスターを外しちゃうのも良いかもしれません。
スラスターとシールドがぶつかって肩アーマーが外れまくるので、私はシールドを持たせていろんなポーズを取らせたい時はスラスターを外すことにしました。(だが、これでも肩アーマーがよく外れます)

ロングライフルは上側の持ち手を持たせることもできます。
ちょっと細く見えるけど雰囲気が出てかっこいいです。

長さは十分ですね。

長ものと大きなシールドでラスボス感が一層強くなります。

サーベルもトマホークも十分な大きさなので迫力があります。
凶悪さがいい感じに表現されています。

νガンダムもサザビーも作り手はもちろん全力で作ってくれていると思うのですが、サザビーへの力の掛け方はユーザーの望む方向と合致しているように思えます。
前回のガンダムとジオングもこんな感じで、ガンダムのクオリティに比べてジオングは異常にレベルが高かったです。

前回今回とラインナップもジオン寄りだし、もしかして開発担当者さんはジオンが大好きな人なんですか??

サザビーに関しては満足度が高いと思うのでアレンジの方向性がお好きなら、こういうアレンジのものもなかなかなさそうなので買っておいた方が良さそうな商品だと感じます。
ただ、EXパーツも買うとなると途端にコスパが悪いと感じるようになる商品ですね…

超割高EXパーツほんとなんとかならないものですかね…

Vol.2の他の機体のレビュー

νガンダムとHWSとEXパーツ
サザビーとEXパーツ
ギラ・ドーガとEXパーツ

ほかの記事も読んでみてね!