1. ホーム > 
  2.  ブログ

2回目の新型コロナワクチン(ファイザー)を接種したけど副反応なさすぎて逆にちょっと寂しかった件

2021/8/18 - ブログ

7月21日に1回目のワクチン(ファイザー)を打ったのですがまずその時のお話がこちら。

2回目を摂取したらご報告しようと思ってたのですが、あまりに副反応とかがなさすぎて2回目を打ったことすら忘れててご報告が遅れてしまいました。

結論として副反応がなさすぎて逆にちょっと寂しかったというかんじです。

接種当日

2回目の接種の方が副反応が大きいというお話をいろいろ聞いていたので食料など買い込みまくって2度目に挑みました。
摂取会場に5分前に着いたのに同時間帯と思われる皆様がすでに全員接種が終わっててサックサクに進みました。
問診1分、注射1分って感じで受付が終わってから3分で注射が終わった感じです。
注射は前回と同じ担当者と思われる人でこの注射自体は全然痛くないので楽勝かと思いきや1回目より痛かったです。
とは言え意識したから針を感じる程度のレベルで痛みのうちに入らないレベルでした。
注射の前に「なんか今日は力が入ってますよ!楽にしましょう!」って言われたのですが、多分潜在的な注射苦手意識が働いてしまって知らず知らずのうちに力が入ってたから痛かったのかもしれません。

経過観察のため現場で15分待機しましたが、10分くらいしたら注射した方の手首にやや違和感があることに気づきました。
でも、それから15分後におうちに帰った頃にはすっかり忘れていました。(たぶん気のせい)

当日は筋肉痛のような症状すらほとんどなくて意識したらそう言えば筋肉痛かもって思い出せるレベルで、症状が軽かった1回目よりもさらにさらに遥かに軽い状態でした。
気づかないうちに発熱してたりするかなとワクワクしながら(?)定期的に体温を測っていたのですが微熱すらないド平熱でした。
1回目にあったなんか眠いも異常な食欲も今回はなく、本当に何も変わらない日常でした。

接種翌日から現在(2回目接種後1週間)

接種翌日には摂取したということをすっかり忘れていて、スケジュールと豪雨に追われる日々を過ごしていました。
本当になんの不都合もなくて、スマホのスケジュールに「運動OK」という謎の書き込みを見て「そう言えばワクチン打ったわ」って思い出すレベルでした。
運動OKというのは運動性アナフィラキシーという現象を知ったので念の為接種から5日間は運動を控えようというマイルールの終了日でした。(そのマイルール自体も忘れてたんですけど…)
なお、これは本当になんの根拠もないなんとなく自分で決めたマイルールです。
なんとなくやめとこうっていうレベルです。

運動解禁から久々にリングフィットをやったのですが、ワクチンの副反応よりも久々にやったリングフィットに起因する筋肉痛の方がしんどいというのも一つの結論でした。

ワクチン接種2回目まとめ

ワクチンを2回接種したからといってコロナ対策が不要になるわけではないし、感染を完全に防ぐものではないので生活が変わるわけではありません。
従来通りマスク、手洗い、うがい、人混みを避けて自粛には協力という日々にはなります。

ただ、感染しても重症化しにくいことが期待されているため不安はかなり軽減され、開放感みたいなものは感じました。
褒められる行為ではないしやるべきではないですが、ワクチン接種後に居酒屋で祝杯をあげる人の気持ちがちょっとわかりました。

不安の軽減により他人に対して少し優しさを取り戻せたのも良い点ですね。
以前は公共施設にノーマスクで現れてぎゃーぎゃー騒いでるやつを見ると「お前らみたいなのがいるからいまだに終息せずに私たちが不自由し続けてるんだ、ぶっ殺して埋めてやろうか」くらいの凶暴な感情が湧いて押し殺していましたが、今では「ノーマスクで騒いでるとか何か理由があるのかな?理由がないなら私の目の届かないところで土に還ってくれないかな」くらいの感情でおさまるようになりました。

ワクチンの効果以前に他人に対するイライラが軽減されるという精神面でのメリットは大きいものかなと感じました。

副反応がしんどいというお話が多く出回っていますが、ファイザー(私はファイザーでした)とモデルナとの違いなどもあり個人差が大きいんだろうなと思います。
私のように2回とも日常生活に悪影響を及ぼすような副反応はゼロというケースもあるので一つの例としてご参考にしてもらえたらと思います。

厚生労働省新型コロナワクチンQAのページ
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0003.html

ほかの記事も読んでみてね!