1. ホーム > 
  2.  IT

macとiPadに導入されたユニバーサルコントロールがすごかった件

2022/3/18 - IT, ブログ, ライフハックapple

2022/3/15にリリースされたmacOS Monterey12.3でようやくユニバーサルコントロールが実装されました。
発表されてから延期に延期を重ね今回はまだベータ版とはいえようやく実装され待ちわびた機能です。

ユニバーサルコントロールとは「macとiPadを連携してmacのマウスとキーボードをiPadでも使えるようにするもの」という感じだと理解しておりました。(一部誤解があることは後述)

macの左側にiPadを置いておき、macの画面の左いっぱいまでマウスカーソルを持っていくとマウスカーソルが画面を突き抜けてiPadの方に行ってiPadの操作ができるのです。
この状態であればキー入力がiPadの方に行ってmacのキーボードでiPadに文字入力をすることができるのです!
macとiPadの間でファイルのドラッグ&ドロップもできるようになってmacとiPadの連携がさらに強固に!

めちゃくちゃ素晴らしい神機能…なのか???

ちょっとまって。
これって本当に便利なのか??

iPadを操作したければ指で直接操作したほうがよっぽど手っ取り早いし、macがあるのにiPadでガンガン文字入力することもないのでは…
もしも、iPadに文字を打ちたいことがあってもすでにユニバーサルクリップボードという端末間でコピペできるすごい機能があるじゃないか…
データのやり取りもAirDropで十分すぎるくらい便利じゃないか…
Apple製品の連携はiPadをmacのサブモニタや液タブとして利用できるSideCarで完璧な完成に至っているんじゃないかな…

ユニバーサルコントロールを触ってみたところ、私にとっては「技術はすごいし面白いとは思うけど、使い方が思いつかない微妙な機能」という印象になってしまいました。

ところがどっこい、めちゃくちゃ有意義な使い方を見つけることができて、そのおかげで今は神がかり的な最強の作業環境が手に入ったのです。

ユニバーサルコントロールはmac同士でも使えるぞ!

ユニバーサルコントロールはmacとiPadのみでなく、mac同士でも使えるんですね!
macとiPadの合計最大3台をリンクさせることができるのです。

こうなると全然話が違う!

ちょうど今、ちょっと困ってることがあったんだよねということで、こういう環境を組み立てて作業することにしました。

macbook AirをでっかいiMacのふもとに設置させて、両方をmacbook Airのトラックパッドとキーボードで操作できるようになったのです!

私はmacを2台を使い分けて作業しており、クリエイティブな作業はM1のmacbook Airで行うことにしています。
音楽の録音はいろいろな場所で行うのでノートパソコンなら作業場所に縛られず持ち運べるのが助かっているのです。
イラストを描くときはiPadをmacbook AirとSideCarで連携させて、iPadを液タブがわりに使って作業してるんですね。
そしてそれらの作業の仕上げはノートより性能が高くて画面が大きくスピーカーの音もいいiMacで行なっているのです。
また、2台のmacにはもう少し使い分けがあって、macbook Airはプライベート寄りの使い方でiMacは業務寄りの使い方をしています。
なので、入っているアプリや連絡先も連絡手段も違うので作業中は2台のmacを行ったり来たりすることが多いのです。
パソコン2台とiPadを並べるとなると机が手狭になるし配列の違うキーボード(iMacのキーボードは壊れてしまったので非純正を使ってる)を行ったり来たりするのが煩わしかったのですが、ユニバーサルコントロールのおかげでそれらが全て解決しました!

机は広くなったし、iMacのマウスとキーボードはiMacの立ち上げの時にしか使わないので端っこに追いやっておくことができるのです。

※後日追記 mac立ち上げ直後はユニバーサルコントロールのリンクに時間がかかることがあるようで気づかなかったのですが、リンクを待てばログイン画面の時点でユニバーサルコントロールが使えるようになっていたので実はいまiMacのマウスとキーボードは全く使わなくなっています。macbook AirのキーボードでiMacもログインできています。


しかも、ユニバーサルコントロールとSideCarは併用可能なので、iPadをmacbook proの液タブとして使いながらユニバーサルコントロールも利用できるのです。

普通の人はモニタを2枚にするで良いだけというケースが多いかもですが、私のように2台のmacを使い分けて作業する人間にとっては神がかり的な作業効率&作業環境アップにつながるのです。

リリースされてから30時間は使いましたが、操作の遅延もトラブルも全然ありません。

本当に素晴らしい機能だ…

ちょっと心配なのは2017年製のiMacがユニバーサルコントロールの脚切り直前だったというところですが、たぶんAppleシリコンの27インチが発売されたら買い換えるのでしばらく持てばOKでしょう。

もともとはWindowsのヘビーユーザーだったのですが、使い込めば使い込むほどもうWindowsには戻れないよ…
皮肉混じりにApple信者と呼ばれても甘んじて受け入れますよ…

Appleの一見微妙っぽい新機能も良い使い方が見つかったり、特定の環境下にいる人にとっては神機能に化けるものなんですよね。

Appleさん、本当に素晴らしい機能をリリースしてくれてありがとうございます!!

ほかの記事も読んでみてね!