1. ホーム > 
  2.  ブログ

3回目の新型コロナワクチン(ファイザー)で地獄のような副反応に襲われた話

2022/3/13 - ブログ

みなさまご存知の通り、新型コロナのワクチンが2回だと効果が不十分で3回接種した方がより良いということがわかってきて3回目の接種が進んでいますよね。

自分も中性脂肪だけが異常に高いという特異体質のおかげ(?)で優先接種の対象となっており、普通の方よりも一足早く3回目接種に行ってきました。

3回目接種はファイザーとモデルナを今まで打っていたものと違うものを打っても良いということになっていますが、私はたまたま3回ともファイザーという運びになりました。(どっちでもいいやと思ってたらたまたまファイザーになった)

3回目ってなんなん…2回でいいって言ってたじゃん…

未知のウイルスと未知のワクチンということで分からないことが多いのは理解していますが、「やっぱ3回打ちましょう!」みたいな後出し条件っぽい感じになんとなくの不信感が出ちゃいますよね。
あくまでなんとなくの不信感です。

だからと言って「政府が国民を騙している!」とか「製薬会社の陰謀だ!」なんて決して思いません。
自分には医学やウイルスの専門知識がないので根拠なくなんとなくの感情ベースで批判することなんてできるわけもないし、現代医学の「その時点で正解と思われること」を信じるしかないです。
そして、もしそれがもし間違っていたとしてもそれは知識がなかった自分の責任なのです。
このような難しい世の中で不完全でも解決の光になりそうな方法を作り出して提供してくれる専門家や政治家には感謝の気持ちを抱いているのです。

「え〜、3回目ってなんなん…もうやだよ〜」

みたいな感情がチラリと湧いてはきますが「でも、関係者の皆さまありがとう、みなさまが頑張って生み出した解決策なら私も3回目を打つよ!」という気持ちに帰結するのです。

でもぶっちゃけ今の自分のライフスタイルはコロナ禍に完全適用されており、ほとんど人に会わないし外出もほとんどなく会食・会合に類するものは2年間で一度もなかったというレベルです。
自分のライフスタイルであればリスクを冒してまで積極的に3回目接種を行う必要はないかなと思っていました。
しかし、3回目接種率の伸び悩みのニュースを耳にする上でもしかしたらこの先社会の正常の化のために「ワクチン3回接種率」が使われるようになるかと思うと、打てる時に打つのが社会貢献の一種でもあるのかなと思いまして社会に対するご協力という意味合いで接種してきました。

1回目、2回目の副反応の状況を見ても大したことにならないだろうし、もう別にモデルナでもファイザーでも良いやという大雑把な気持ちで受けたのですが、3回目のファイザーで予想外にドギツイ副反応が待っていました。

3回ともファイザーを摂取したら3回目だけ副反応がキツかった!

私の場合は3回ともファイザーの接種ということで、副反応がきつそうと話題になっていたモデルナを打つことは一度もなかったです。
1回目、2回目のファイザーの摂取は全くと言って良いほど副反応がなかったので今回はさらに余裕かと思いきや、接種前のお医者さまからの問診で「1回目、2回目平気だった人も3回目は副反応がキツいということがあるので、帰りに食べ物や飲み物を買うなどしっかり準備しておいてくださいね」とアドバイスされ(え?そうなん??)ってなりました。

すごいね!お医者さまは!

おっしゃった通り3回目だけめちゃくちゃキツかったよ!

接種自体はスムーズに終わって、ほんと注射はこれっぽっちも痛くなくてびっくりなんですよね。
以前打ってくれた人が上手だっただけかとも思いましたが、今回は担当者も変わっておられそれでも全然痛くなかった。
これ、アニメを見てたりゲームをしてる時とかなら全く気づかないレベルの注射ですよ…

接種から2時間

接種後2時間くらいで打った場所が筋肉痛のような痛みになってきました。
この段階では「そういえば以前打った時もこういう筋肉痛みたいな痛みがあったな〜」って懐かしさを思い出すような感じでした。

接種から4時間

でも、夜中に向かってその痛みが身体中に広がってきたんですよね。
なぜか身体中が筋肉痛のような感じで関節がとにかく痛い。
倦怠感が激しくて目を開けておくのもしんどいという状況になったので熱を測ってみましたがバッチリ平熱でした。
熱は出ていないけどとにかく体がだるいという感じ…
時間が経つにつれて皮膚の表面にピリピリするような部分も現れ始めてだるさと不快感で完全無気力状態です。

念の為、早めにお布団で眠ることにしました。

その夜

「うんっ!」「ふんっ!」っていう自分の断続的なうめき声(掛け声)で目が覚めます。
寝返りをうとうとしていても体が動かなくて、もがいている時に出た声のようです。
目が覚めたので落ち着いて寝返りしようとしてみると身体中が痛くて、関節も石のように硬くて全く寝返りができない…
注射した側の腕に何かが当たると「いたっ!」って感じの鋭めの痛さもある…
この日は何度も自分のうめき声で目が覚めて、そこから恐る恐る自分の意志で体勢を変えて眠りにつくというのを繰り返していました。

翌日

朝起きようとしても体が本当に動かない…なんとか起き上がってもフラフラするし息も苦しいし目を開けておくのも辛い…
でも相変わらず平熱なんですよ。
インフルエンザの高熱の時みたいな状況なのに熱がまったく出ていないんです。
軽い頭痛悪寒もあるのに熱はない…

飲み物を飲んで朝食を取ろうとしたのですが1回目接種であった「異常な食欲」とは裏腹にまったく食欲がなく、とりあえず今日の活動は無理だと判断して眠りにつくことにしました。
寝返りができないから身体中が痛いのか、身体中が痛くて寝返りができないのか、いずれにせよ寝ていること自体が辛いという状況で、寝られないなら何かしようかと思っても倦怠感が激しく目を開けるのも辛いのでアニメをみることすら困難な状況でした…

しばらくすると流石にお腹が空いたので買っておいたツナのおにぎり(大好物)を食べたのですが、お米の咀嚼すらめんどくさく感じるレベルで息切れしながら時間をかけておにぎり一つを食べ切りました。
ただ、さっぱりしたものに対する食欲みたいなのだけは残っていたのでゼリーや買い溜めしておいた冷凍冷やし中華は比較的美味しく食べました。

みなさまに紹介したいと思いつつ忘れていたのでここで紹介するのですが最近の冷凍冷やし中華はすごいですよ。
冷凍状態のものをレンジでチンするだけでキンキンに冷たい冷やし中華ができるんです。

お酢が強めのタレなのですが、こういう体調が悪い時にはかなり美味しく感じるものでした。
通販だとクール便の関係でお高いので、興味がある人はスーパーの冷凍食品コーナーで探してみてくださいね!

美味しい冷やし中華を食べた後でお布団で浅く眠っていたのですが、夕方になっても倦怠感が激しいままで体を動かす時も痛くて固まっている関節を筋肉痛の筋肉で無理やり動かすみたいな状況になっていました。
なので、ちょっと体を動かすたびに「うっ!!ふ〜〜〜」みたいな下手くそな筋トレのような声が漏れちゃいます。
そんなだから体を動かすたびに疲れが溜まって更なる倦怠感を呼んでいるのかなと思いました。

こまめに検温していたのですが、接種から24時間を超えたであろうこのタイミングで37.5度という微熱に襲われていました。

ここで解熱剤を飲んだのですが、解熱剤って筋肉痛や関節痛にも効くんですよね。
私が飲んだものの効用にもバッチリそれが記載されていました。

●効能・効果
頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛筋肉痛
肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛。
悪寒・発熱時の解熱。

赤文字が私の苦しんでいる症状

お薬を飲むとわりとすぐに身体中の痛みがかなり緩和されました。
おかげで20時ごろから再び眠りについたのですが1時間の仮眠でものすごくぐっすり眠れて起きると体のだるさもだいぶ抜けていました。

そこからは快方に向かう一方で翌日の朝は注射した場所を押さえると流石に痛いけど他はいつも通りという状況に戻りました。

予想外のドギツイ副反応に驚きましたが、自分でこれを書いている時に「解熱剤の効用に筋肉痛や関節痛が書かれていたのだから熱が出ていなくてももっと早めに飲めばよかったのでは」ということに気づいてしまいました。

もともと薬をあまり飲まないので「解熱剤は熱が出ている時にしか飲んだらダメ」みたいな先入観がこびりついていました…

3回目の摂取は慎重な判断と十分な準備を

「ワクチンの3回目接種はそれまでと比べて副反応が重かった」というケースは多々あるようですが、私のように「1回目も2回目も全然大丈夫だったから3回目は余裕でしょ」と舐めちゃってる人も多いかなと想像します。

3回目接種に関しては1回目接種と同じだけの物品と環境の準備が必要だと思います。

・食べやすい食べ物、飲み物(スポーツドリンクなど)を2日分は用意する
・発熱対策(解熱剤や熱冷ましグッズ)も用意する、解熱剤に関してはこのためにわざわざ違うものを選ぶよりは普段使っているものがいいそうです。
・翌日はお仕事のお休みなども視野に入れ、活動できない前提で予定を立てておく
・一人暮らしの人は万一のために家族や友人に状況を伝えておく

などが必要だと思います。

あと、言われていることではありますが症状が出るようならお薬は早めにですね。
私は苦痛の悪循環に入ったから副反応がキツかったのかなとも思い、悪循環のきっかけを早めに取り除くのは大切かと思います。

この体験がワクチン3回目接種のネガキャンみたいになるのは不本意なのでしっかりと明言しておくと、ワクチンの3回目を打てる人は推奨されている通り打った方がいいと思います。
ただ、コロナの状況も日々変わっているので3回目の摂取は1回目・2回目とは別物と考えて改めてメリットとデメリットを整理して判断した方がいいかなと思いました。

コロナ禍も2年以上続くと着地点もバラバラになっていっていわゆる”正解”が複雑かつ多様化してしまっています。
他人の選択を尊重しつつ自分の責任で自分が正しいと思うことを選ばなければならないんでしょうね。

ほかの記事も読んでみてね!