1. ホーム > 
  2.  ホビー

[レビュー]BUSTER DOLL ガンナー(コトブキヤ メガミデバイス)その1 概要編

2024/1/31 - ホビー, レビューおすすめ度★★★★★ , プラモデル , 1/12 , コトブキヤ , 美少女プラモ

はじめに

このブログではあまり紹介できてないんですがけっこう買ってます…メガミデバイス!
でも、保管スペースの問題でそんなにたくさんの子を養えないし、同じ素体を作り続けることにだんだん疲れてきちゃってたので熱心に新商品を全部追うという感じではないんです。
そんな感じにもかかわらず、初めて発売日近辺(発売日勘違いして数日で遅れた)で購入したのが「BUSTER DOLL ガンナー」です。
発売に飛びついた一番の理由は、今回から採用される完全新型素体「マシニーカBlock2-M」を触ってみたかったからなんです!

新素体は「BUSTER DOLL」というシリーズでいろんなバトルスタイルがリリースされるようですが、第一弾である今回はガンナーでした。
発売前から大いに期待していた商品ですが、その期待を遥かに超えてくれる素晴らしい出来でしたので3回に分けてご紹介します。

概要

「美少女×メカニック」シリーズ『メガミデバイス』いよいよ新素体シリーズスタート!

ついにベールを脱ぐ完全新型素体「マシニーカBlock2-M」を搭載した第一弾メガミはBUSTER DOLL ガンナー!!

浅井真紀氏の手による「マシニーカ Block2-M」は大部分の構造を大幅に見直した完全新開発の素体です。

それぞれのパーツ構造を一から見直し、組み立てやすさやパーツ交換による拡張性を限界まで盛り込んで開発されました。
もちろんプロポーションもアップデートされ更に美しいラインとなり、これまでメガミデバイスをご購入いただいていた皆様に新鮮な驚きを感じていただける仕上がりとなりました。
その新素体に合わせてデザイン設計されたBUSTER DOLL ガンナーはコンセプトデザインをメガミデバイスプロデューサーの鳥山とりを氏が担当、メカニックデザインを設計担当のたすく氏自らが行っているため、従来のメガミデバイスキットに比べよりシステマチックに組み立て、カスタムが楽しめるよう工夫されています。

キャラクターデザインは美麗なイラストで魅了し続けるパセリ氏が担当し新シリーズに華を添えます。
全てのパーツに新鮮さと将来性が込められたBUSTER DOLL ガンナーをぜひ手に取っていただけますと幸いです。

【付属品/ギミック】
・完全新設計の「マシニーカ Block2-M」を素体として採用。組み立てやすさと美しさを極限まで追求しました。
・多重装甲のようにレイヤー構造化した武装パーツ、豊富なジョイント穴やピンを持ち拡張性に優れるパーツが多数付属。
・セーラー服をイメージしたコスチュームパーツのほか、ピュアな素体としても組み立てることができる胸部、腰部パーツも同梱。
・3種の塗装済み顔パーツが付属。
・アーマーを身に着けた「武装モード」と、アーマーを脱いだ「素体モード」をパーツ差し替えで再現できます。
・3種の手首は全てプラ製で、武器持ち用手首は丸型、角型グリップ両方に対応した形状で挿し込むだけで手軽にホールドできます。
・新設計の専用スタンドが付属。従来のものより自立をしっかりサポートします。
・各部に配置された3mm径のジョイントや頭部の互換性により既存『M.S.G』『フレームアームズ』『フレームアームズ・ガール』『ヘキサギア』『創彩少女庭園』『アルカナディア』シリーズ等と各部併用が可能。

【メガミデバイスとは】
全高14cmの自立型フィギュアロボが存在し、プラモデルを楽しむように作って、改造して、戦わせることのできる“近未来のバトルホビー”を想定したプラモデルシリーズです。
可動フィギュアの第一人者、浅井真紀氏新設計素体“マシニーカシリーズ”をコアとし、キャラクター&メカニックを様々なデザイナーが手掛けてまいります。
成型色は色分けされ、顔はタンポ印刷で塗装済み、組み立てただけでイメージに近い仕上がりになります。
3mm径のジョイント穴の採用でシリーズ内でのパーツ互換性はもちろんのこと、すでに発売済みのコトブキヤプラモデルパーツの多くと組み合わせて遊ぶことができます。

作品メガミデバイス
発売日2024年1月末
価格5,940円(税込)
5,400円(税抜)
スケール1/1(設定としては1/1ですが人間基準で言えば1/10~1/12くらい)
製品サイズ全高:約160mm
製品仕様プラモデル
パーツ数201~400
素材PS・ABS・POM
対象年齢15歳以上
原型製作浅井真紀、福元徳宝、吉本アートファクトリー、たすく、鳥山とりを、雨間(アイプリント)
品番KP682
https://www.kotobukiya.co.jp/product/detail/p4934054043774/

くるくる動画

チャンネル登録してもらえると嬉しいです!

パッケージなど

パッケージはこんな感じ。

メガミデバイスのパッケージといえばイラストが使われているイメージがあったのですが、今回は商品の組み立て後の写真が使われています。
箱の一部にエンボスのような加工があって捨てるのが勿体無いような高級な雰囲気でした。(組み立てたら箱は捨てちゃう派なんですけど)

側面は商品写真がたっぷりと使われています。
素体モード、衣装だけを纏ったコスモード、ちょっと武装したライトアーマー、完全武装のフルアーマーの4タイプが組み立てられますが、カスタマイズの幅が広いのでこのキットだけで自分なりの組み合わせ遊びができるのもいいですね。

今回からパッケージの構造が変わっていて、一般的なガンプラのようなお弁当箱方式ではなくていわゆるキャラメル箱方式になっていました。
横側の蓋を開けると中から紙トレイが引き出せるようになっている凝った作りでした。
裏側にも同じデザインがプリントされていて高級感がありました。

組み立て説明書もちょっと変わっていて、カラー印刷の二つ折り表紙の中に共通素体の組み立てとガンナー特有の部分の組み立ての折りたたみ冊子が二部に分かれて入っていました。
今後、素体の組み立て説明書だけを他の商品にも流用できるので賢いですね!

内容はこんな感じで細かなパーツまで並べると大ボリュームです。
3ミリ軸が豊富で汎用性の高いパーツ構成になっているので、この商品だけでもかなりのカスタマイズが楽しめるようになっています。

フェイスパーツは「微笑み」「照れ顔」「バトル顔」の3つでした。
プリントはくっきりシャープな印象で好みは別れるかもしれませんがクオリティは高いです。
照れ顔はちょっと赤みの色がきつすぎて博多名物のこれみたいに見えちゃいます。
慣れればいいのかもだけど第一印象としては使いにく表情って思っちゃいました。

顔のプリントがないフェイスパーツが3つ付いていますが、今回はアイデカールがついていないので必要なら別売りのアイデカールを購入する必要があります。

アイデカールを貼るのはなかなか難しいんですが、別売りのアイデカールではすごく可愛い表情ができるようになってるので表情の幅を広げるためには必須ですね!

ランナーなど

ランナーの枚数は多く見えますが全体的にかなり組みやすくて、換装させながらののんびりパチ組みで3時間かからない感じでした。
クリアパーツはゲートが太めなため薄刃ニッパーだと負けそうだったので、ちょっと強めのニッパーがあると楽かもしれません。
新素体になりましたが、メガミデバイスの組み立てに慣れている人は難しいところはほぼなさそう。(一箇所だけ迷ったので後述)

スカートや脚などは筒状のワンパーツになっていて、繋ぎ目がない美しい造形でした。
商品写真を見た時にスカートは褌状に前半分だけあるものかと思っていたのですが、普通に立派なスカートだったので完璧です!

小さいながらも複雑な形状で多方面に3ミリ穴があるバックパックもワンパーツでの造形でした。
ランナーを見るだけでかなりのレベルの高さであることが伝わってきます。

前髪はアホ毛までワンパーツでした。
アホ毛が動かせるキットが多いのでちょっとここは物足りない。
造形もやや大味に思えるけど許容範囲です。

感動的だったのが肩の付け根と肩甲骨がワンパーツになっていたところです。
腕の接続部分と胴体への接続部分の両方がボールジョイントになっているのでかなり自由に動かせました。
ぐいぐい動かしていると腕側のボールジョイントが抜けやすいので、B4-1パーツに接続する側のボールジョイントを少し馴染ませてあげてからの方が遊びやすいかも。

首の長さを変えるためのパーツがいくつかついているので用途に合わせて選択しましょう。

手首のジョイントはランナーの内側にもう一つランナーがある構造になっていて、そこを切り離すと4つまとめて組み上げられる便利な仕様になっていました。
メガミデバイスのベテランユーザーの中では元々使われていた組み立て方法らしいのですが、そういうのが公式にフィードバックされているのは素晴らしいですね!

基本的にものすごく組みやすいキットでしたが、膝パーツ(D3-3)の上下の見分が結構難しかったですね!
ここだけクリアすれば本当に気持ち良い組み心地のキットで、組み立てながらいろんな発見や感動がありました。
この体験を得るためにだけでも組み立てる価値があるキットです。

専用スタンドが付いているのも大変ありがたくて、従来の頼りない(けど一応頑丈な)棒型スタンドよりも安定感があって自由度も高かったです。
スタンドの横にたくさん3ミリ穴があいていて、3ミリ棒を追加する専用の拡張パーツもついていていろんなアレンジができるのも嬉しい。
台座のメガミデバイスロゴがかっこいい!

続きはこちら

ほんとに感動が多く素晴らしいキットですねこれ。
次は新素体について掘り下げて行こうと思います。

BUSTER DOLLシリーズ予約受付中!

この記事一覧

[レビュー]BUSTER DOLL ガンナー(コトブキヤ メガミデバイス)その1 概要編
[レビュー]BUSTER DOLL ガンナー(コトブキヤ メガミデバイス)その2 素体編
[レビュー]BUSTER DOLL ガンナー(コトブキヤ メガミデバイス)その3 武装編

ほかの記事も読んでみてね!

ブログの総合入口へ
こねこ惑星 ホビーブログ