1. ホーム > 
  2.  ホビー

[レビュー]ガシャポン戦士NEXT プレミア02(前編)

2013/11/18 - ホビー, レビューガンダム , 旧ブログ移行記事 , ガシャポン戦士 , ガシャポン戦士NEXT , おすすめ度★★☆☆☆

この記事は過去に使用していた別のブログサービスから移行してきた物です。
内容が古く写真等も小さいですが昔のものの記録としてお楽しみください。

この商品まだ売ってるのかな?
Amazonで探してみる

プレミアムバンダイ限定販売の「ガシャポン戦士NEXT プレミア02」が届きましたのでレビューします。

ラインナップは

・ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ・ラー]
・ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]
・ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ] 実戦配備カラー
・試作アッシマーTR-3[キハール] 宇宙仕様
・ギャプランTR-5[フライルー]
・ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ] 実戦配備カラー
・リック・ディアス・シュトゥッツアー
・バーザム(A.O.Z ver.)

以上、リペイントを含む8種類です。
これにDXベースがついていたりしますがお値段なんと4,935円!
プレミア01のような大型モデルはない(中型モデルはある)ので、一体平均するとおよそ600円くらいですね。

カプセル売り出来なさそうな中型モデルがあるとはいえ、なかなか強気な値段設定に感じてしまうのは、SAGA01の時のように塗装品質が酷く悪かったからと言うのもあります。
とりあえず、どんなものか順不同で個別レビューしてゆきます。

■試作アッシマーTR-3[キハール] 宇宙仕様

IMG_3974.jpg
IMG_3984.jpg

たぶん今回の目玉はこの子でしょうか?
大型モデルを期待してたのですがけっこう小ぶりです。
しかし、小ぶりだからこそ密度が高く感じられる部分もあって、他と並べるとサイズ的なモヤモヤがありますが単体で見るとこれはこれで良いかなと思います。
自立は無理なのでスタンドを使うのがベストで、スタンドに乗っけるとどの角度からみても美しいのがよくわかります。
造形のよさはやっぱこのシリーズの最大の売りでしょうね。

IMG_3976.jpg
IMG_3975.jpg

だがしかし、今回も塗装が微妙で顔になんか黒い塗料がちりまくってる…
通常弾ならともかく、プレミア商品でこういうのはものすごく目立つから、もうすこし検品を厳しくしてくれないものだろうか…

IMG_3977.jpg
IMG_3978.jpg
IMG_3979.jpg
IMG_3982.jpg
IMG_3980.jpg
IMG_3981.jpg

脚部プロペラントなどパーツは細かく分割されているのですが、接着されている部分が多く分解できるのはこんな感じのところまで。

IMG_3983.jpg

サイズ比較です。
細身のものと比較しちゃったけど、脚部が長いことを除けば標準サイズとあまり変わりません。

塗装の汚れ以外はクオリティが高いのでお値段に納得できれば悪くない商品なんですよね。

■ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ・ラー]

IMG_3999.jpg
IMG_4002.jpg

ハイゼンスレイⅡ(写真左、今回のセットには含まれず)の顔と武装違いかと思いきや、腰パーツも違ったりと意外と芸が細かいです。
頬のバルカンや、胸のダクトなどハイゼンスレイⅡよりも塗りわけが細かいですが、その分塗装の荒さが目に付いてしまいます…

両腕の武器に加えて肩パーツが別になっているので華奢な機体の割りにボリューム感があります。
全体の造形は細身でシャープなのに、顔はまるっこいガンダム顔なんですよね。
このギャップが魅力なのかも。
この機体のことよく知らずに武器をふたつ持っただけのハイゼンスレイⅡだろうと思ってたのですが、立体化されたものを手に持って眺めているといろいろな発見があって面白いですね。

IMG_4003.jpg
IMG_4004.jpg
IMG_4005.jpg
IMG_4006.jpg
IMG_4007.jpg
IMG_4008.jpg
IMG_4009.jpg

■バーザム(A.O.Z ver.)

ラインナップとして以外さを感じたのがこのバーザムです。
控えめのディテールでシンプルな量産機って感じです。
右手の武器がちょっと浮いた感じなのと、自分のは黄色い塗料があちこちに飛んでいてそれがちょっとがっかりでした。
複数ほしいけど、プレミアの仕様ではそんなの夢のまた夢という切ないお話・・・
通常弾だったらたくさん集めてたろうな…

IMG_3991.jpg
IMG_3992.jpg
IMG_3998.jpg

NEXT基準のスタイルで考えるとちょっと頭が大きすぎるような気もします。

IMG_3993.jpg

モノアイの前はきちんとフレームになっていたのが感動です。
一体成形でモノアイの前にぺたっとくっつく造詣かと思いきや、ちゃんと向こう側が通り抜けるリアルな造形です。
このこだわりが好き!

IMG_3994.jpg

モノアイは上下反転させることによって右向き、左向きを選ぶことができます。
サイズ的にザクのような可動は難しかったのでしょう。

IMG_3996.jpg
IMG_3997.jpg

全体的にぼてっとした造形で自分の持つバーザムのイメージとはちょっと違ったけどこれはこれでイイ!

■ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ] 実戦配備カラー

ハイゼンスレイⅡのリペイントです。(左は比較用)
胸のダクトの色分けが増えた分、個体によっては塗りのあらが目立っちゃうんでしょうが幸いにも自分のものはかなりの美品でした。
数合わせ感の強いアイテムと感じていたので、発表された時は微妙な気持ちでしたが手にしてみると悪くない。

IMG_3985.jpg
IMG_3986.jpg
IMG_3987.jpg
IMG_3988.jpg
IMG_3989.jpg
IMG_3990.jpg

とりあえず、前半のご紹介でした。

後編ではフライルーやリックディアス亜種などその他の目玉も紹介します

ほかの記事も読んでみてね!